小さい夏、見ぃつけた 

【小夏】

 初夏に出回り始める、まぶしいほど黄色いかんきつ類。小さい夏と書いて小夏です。まっこと可愛らしゅうて、ええ名前やろう?高知だけの呼び名で、宮崎では日向夏、愛媛ではニューサマーオレンジと呼ばれています。明治二十年代に縁あって宮崎から高知にやってきました。直径八センチほどと小ぶりながら、上品な甘みと酸味、香りのよさは爽やか満点。高知では、その食べ方にもこだわりと流儀がちゃんとあるがよ。まず、りんごのようにナイフでくるくると皮を薄く剥く際、ふわふわした白い甘皮部分も残しておくのがポイント。果肉は櫛形、もしくは乱切りにし、甘皮と一緒に食べるのが正しい食べ方です。高知の農林技師さんが考案した食べ方ながやと。みかんのように手で剥いたら、酸味がきつく感じられておいしゅうないなるぞね。主な産地は土佐市、宿毛市、黒潮町など。


本染め【注染】綿100% 日本製
サイズ:縦約90cm×横約35cm
※本手拭いのため、多少ほつれや色落ちする場合があります。
洗濯の際は分け洗い、手洗いをお勧めします。

¥ 950

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料360円が掛かります。

※5,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

ショップの評価