土佐絵はがき みょうが

みょうがの内緒話
 生産量はぶっちぎりの日本一。なんとその八割近くが高知県産のハウスみょうがです。昭和六十年、高知県園芸試験場でハウスみょうがの栽培技術が確立されて以来、快進撃を続けています。高知県産は特に色がきれいで、ほのかな薄紅色は他県には出せない高知県だけのヒミツの栽培技術ながやと。収穫は年2回で、五~八月ごろにとれるものを夏みょうが、九~十月ごろのものを秋みょうがと言いいます。ところで、私たちが食べているのはみょうがの花のつぼみ部分やと知っちょった?しかも、地面からひょっこり顔を出すように生えていて、初めて見た人はびっくりするみたいです。産地は須崎市を中心に四万十町、安芸市など。この独特の香りと味は、カツオのタタキの薬味に欠かせぬ存在感。甘酢漬けにしてもおいしく、酢をかけるとこの手拭いのような可愛いピンク色にならあね。

¥ 150

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料360円が掛かります。

※5,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。