土佐手拭い一筆箋 なす

なす花火
 ナスは夏とれる野菜で、夏の実からナスミ、ナスビとなったと聞いたことがあります。でも、促成栽培が得意な園芸王国高知では、ほぼ一年中とれます。なかでも十月から六月までとれる冬春ナスの生産量は日本一。ちなみに高知は冬場の日照時間の長さも日本一です。安芸市を中心とした芸西村、安田町など県東部が大産地で、約八割が「竜馬」という品種。「土佐鷹」「慎太郎」ともに高知独自の品種で、皮が薄くてやわらかく、きれいな茄子紺が高知ナスの特長です。また、米ナス、小ナス、長ナスなど、いろんな種類のナスも県内各地で作られています。「ナスの葉の裏にはトゲがようけあって、ハウスで作業する時にタオルを巻いちょったら引っ掛かるがよ。手拭いがうんとえい」と、安芸のとあるナス農家さんがナス柄の手拭いを喜んでくれました。こちらこそ、ありがとうございます。


日本製 約17.8cm×7.8cm

¥ 400

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料360円が掛かります。

※5,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。