川さかな

川の中を覗いてみたら 土佐人には
全部ごちそうに 見えるぜよ

【川さかな】
アイ(アユ)[アユ科]川魚の代表種。成魚は付着藻類を食べるため川の状態によって香りや味がことなる。塩焼き,背ごし,雑炊,干物に。アカメ [アカメ科]日本固有種。体長は1m以上にもなる。こんな魚が悠々と泳いでいるなんて,やはり高知の川は最高だ!アメゴ(アマゴ)[サケ科]青い斑紋(パーマーク)と朱点が美しい。四万十川の源流部には原種がすむらしい。塩焼きなどにして美味。イダ(ウグイ)[コイ科]春先に集まって産卵。高知では「イダがたつ」という。塩干しや佃煮に。上流域のイダはなかなかイケる。アイキリ(アユカケ)[カジカ科]冬に沿岸で産卵。稚魚は春に川をのぼる。鰓ぶたに鋭いトゲがあり,川の中でみるとあまりにカッコイイ魚。ウナギ(ニホンウナギ)[ウナギ科]土用の丑の日よりも晩秋から初冬が旬。蒲焼きも美味いが,天然物は白焼きにワサビで。近年は絶滅が心配。ゴリ(ゴクラクハゼ)[ハゼ科]雲のような模様の中に青白く光る小斑点がちらばる美しいハゼ。ゴリは佃煮や唐揚げ,卵とじなどに。ゴリ(シマヨシノボリ)[ハゼ科]高知では数種類のハゼ類をゴリとよび,ノボリ落としやガラ曳き漁で捕獲する。本種は頬に縞模様があるヨシノボリ。ゴリ(ヌマチチブ)[ハゼ科]ゴリ料理に入っているのはチチブ類が多い。味が良いため四万十川ではわざわざ本種だけを選別する漁師さんも。ツガニ(モクズガニ)[イワガニ科]秋になると産卵のため川をくだりはじめる。「イタドリの花が咲いたらツガニの季節」。高知のツガニは上海蟹よりうまいよ。サワガニ [サワガニ科]オレンジ色の体色が美しい。カニ類にしては珍しく,卵から稚ガニの姿で孵化する。まるごと唐揚げにして和食の彩りに。ミナミテナガエビ [テナガエビ科]胸の横に「m」や「川」にみえる模様あり。ヒラテテナガエビよりも手が細長い。唐揚げにしてビールの肴に最高!ヒラテテナガエビ(ヤマトテナガエビ)[テナガエビ科]オスの手が太くて長いのは闘争したりメスを守るため。汽水域で幼生から稚エビになり四万十川では100km上流まで遡上。唐揚げや出汁にして超美味。


本染め【注染】綿100% 日本製
サイズ:縦約90cm×横約35cm
※本手拭いのため、多少ほつれや色落ちする場合があります。
洗濯の際は分け洗い、手洗いをお勧めします。

¥ 950

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料360円が掛かります。

※5,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

ショップの評価