おさかな

【魚】

マルソウダ(メジカ)[サバ科]宗田節の原料。シンコ(若魚)の刺身は産地じゃないと食べられない!柑橘をシュッと絞って。アカカマス・ヤマトカマス(カマス)[カマス科] よくみるカマスは二種類。アカカマスは塩焼きや姿寿司に、ヤマトカマスは干物に。カンパチ(ネイリ;シオ)[アジ科]「間八」。前からみると頭に「八」の模様あり。刺身や寿司ネタに。しっかりとした旨味を味わえる。ヒメジ(ヒメイチ)[ヒメジ科] 二本のひげで味を感知して砂底で餌をさがすのだ。上品な白身。南蛮漬、煮付け、姿寿司に。シイラ(クマビキ;トウヒャク)[シイラ科] 大きなオスは頭がでっぱる。もっと評価されてもいい美味しい魚。ムニエルなどに。ウルメイワシ(ウルメ)[ニシン科] 大きくて潤んだような眼をもつイワシ。旬は冬。丸干しのほか、産地では刺身にも。イサキ(イセギ)[イサキ科] こいつの塩焼きの味はマダイを超えるぜ。旬は初夏。脂がのる冬も美味。刺身や煮付けにも。アオメエソ(メヒカリ)[アオメエソ科] 青く光る眼をもつ深海魚。水深二百~六百メートルにすむ。干物は絶品。塩焼きや天ぷらにも。ニギス(オキウルメ) [ニギス科]水深八〇~五〇〇メートルにすむ。旬は冬。丸干しが絶品。脂ののった新鮮なものは塩焼きも美味。キンメダイ(キンメ)[キンメダイ科] 赤い体に金色の眼。水深百~八百メートルにすむ。上品な白身で刺身や煮付け。しゃぶしゃぶにも。ゴマサバ(シミズサバ)[サバ科] 清水サバは高知のブランド名。旬は冬。丸ごと使った姿寿司が圧巻ですね。翌日に炙って食べるもよし。マンボウ [マンボウ科] 約三億個もの卵を産む大型の魚。身は天ぷらにするとエビやイカのような味わい。腸は塩焼きなどに。カツオ [サバ科] 日本の魚食文化にとって古くからとても重要な回遊魚。鰹節、刺身、たたきなど。内臓の塩漬は酒盗として。キビナゴ(キビ) [ニシン科] 水面近くをキラキラ泳ぐ。初夏の産卵期には大群が宿毛湾に押し寄せる。刺身、南蛮漬、干物に。ウツボ [ウツボ科] 顔は怖いが身にはコラーゲンたっぷり。黒潮があたる地域で食用に。たたき、唐揚げ、干物に。


本染め【注染】綿100% 日本製
サイズ:縦約90cm×横約35cm
※本手拭いのため、多少ほつれや色落ちする場合があります。
洗濯の際は分け洗い、手洗いをお勧めします。

¥ 950

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料360円が掛かります。

※5,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。