土佐手拭い×84はちよん

【84手拭い】
おや、まぁ。はちよん手拭い

手拭いで、高知の農業を中心に一次産業を応援したいという思いから生まれた「土佐手拭い」に、安芸市の林業家から「山に関する手拭いもつくってや」という、嬉しいリクエストがありました。山で働く人はタオルではなく、手拭いを使っているのだそう。万が一、怪我をした時には裂いて包帯としても使えるからです。そこで、「84はちよんプロジェクト」と一緒に、84はちよん手拭いを作る事で山で働く皆さんを応援することにしました。高知は森林率84%の森の国。84はちよんプロジェクトは日本一の森林県であることを楽しみ、「新しいユタカサノスイッチ」をオンにして、新しい価値を持った環境産業を展開していこうという県民有志からなる森林をタノシクするプロジェクトです。手拭いの柄は山仕事の道具がモチーフ。安全を祈って柄の中にお守りもしのばせました。この84はちよん手拭いの収益の一部は高知の山のために使います。

ヘルメット
山仕事や伐採の現場ではヘルメットが必須。伐採する時、風やからまった蔦のために木の倒れる方向が狂ったりして枝で頭を強打する事故も多いがよ。

玉切り
丸太をカットすることを業界用語で「玉切り」と言います。材の利用目的に合わせた長さに切らにゃいかん。

チェーンソー
山の仕事道具の主役。昔は斧やオガ、ノコギリで伐りよったけんど、チェーンソーになってからは、そりゃ伐採も早うてラクになった。

木材トング
伐倒した木をラクに移動させるために使う道具。木材に引っ掛けて片手で動かす事ができるがぜよ。

地下足袋
山で仕事をする時は、なんというたち、スパイク付の地下足袋が滑りにくくて一番ええ。ズボンのスソが引っ掛からんように脚絆も巻く。

鉈 なた
鉈は常に持ち歩く道具の一つ。枝打ち、ツル伐り、灌木処理など、よく使う。土佐打刃物は山林用の道具として発達した刃物じゃき、切れ味が違う。

お守り
山で仕事をする人らぁは、山や自然に畏敬の念を持っちゅう。仕事を始める前に山の神様にお許しを乞うたりします。安全祈願のお守りも手拭いに。

84はちよん
高知は森林面積84%。それを記号化した、はちよんマーク。森林をタノシクするプロジェクトのロゴマークです。



本染め【注染】綿100% 日本製
サイズ:縦約90cm×横約35cm
※本手拭いのため、多少ほつれや色落ちする場合があります。
洗濯の際は分け洗い、手洗いをお勧めします。

¥ 1,050

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料360円が掛かります。

※5,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

ショップの評価