【ヤマモモ】お山のルビー | 土佐旅福 TOSATABIFUKU

1/9

【ヤマモモ】お山のルビー

¥1,100 tax included

Japan domestic shipping fees for purchases over ¥10,000 will be free.

Shipping fee is not included. More information.

★2021年4月より、同封カードをリニューアルし柄が透けて見えるトレーシングペーパー素材としました。オンラインショップQRコードを添えましたので商品情報を得ることができます。
旧カードをご希望の場合はご注文の際にお書き添えいただきましたら在庫がある限り対応させていただきます。

素材 :綿100%/日本製/本染め【注染】
サイズ:約90cm×約35cm
※本手拭いのため、使い始めはほつれや色落ちする場合があります。
洗濯の際は分け洗い、手洗いをお勧めします。
濡れたままにしておくと色移りしますのでご注意ください。

日本手拭いは基本的に切りっぱなしです。お台所で使う際に縫い目に雑菌が繁殖しにくくするためであったり、包帯代わりに使う際には簡単に裂くことができるなど、古来からの「知恵」が生かされています。最初はほつれが気になるかもしれませんが、数段の横糸が抜けるとタテ糸が自然と縒れてきて落ち着きます。これも使い込んでいくうちに生まれる手拭い独特の「味」です。
小さなお子様のハンカチとして使う際には、半分に切ったら丁度いい大きさとなります。もちろん、切りっぱなしで大丈夫ですよ!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ヤマモモは高知県の県花。はてどんな花やったろう?と、すぐには思い浮かばん地味な花ですが、初夏の山で熟れる真っ赤な実は「果実のルビー」と呼ばれるほど。甘酸っぱさと深々とした香りのお山の宝石です。旬は梅雨の時季のほんのつかの間で収穫からわずか十日あまり。まっこと、せっかちな土佐人によう似いちょります。ヤマモモ栽培の歴史は古く、一七五一年、南国市十市で始まりました。今も県内一を誇る産地です。昔は「十市のヤマモモはいらんかえ」というヤマモモ売りの声が、高知城下に季節を運んで来たものでした。品種は広東、亀蔵、中山などがありますが、中でも「亀蔵」と聞くと、土佐人は妙にテンションがあがります。暗紅紫色になった頃がおいしいサイン。梅雨育ちのくせに水に弱いので洗わずに塩をふって、ナマで食べるのが一番。そのおいしい色の手拭いです。

Add to Like via app
  • Reviews

    (569)

  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥1,100 tax included

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品